2014年1月15日 (水)

お約束通り、教科書に沿ってスタートします。

この教科書は1章、2章、3章からなっていて、第1章では「家づくりを考える」として1~11の項目で成り立っています。第2章は「マツザワ設計仕様」の10項目、第3章は「おまけ」の9項目で構成されています。

もともと数年前に南浦和のコミフロというところで5年間行った講座の資料をまとめたものなのですが、今年はリニューアルしようかと考えています。大きく内容が変わることは無いと思いますが、写真や文章も入れ替えながら、きれいで見やすい教科書に出来たらと考えています。もちろん時代に合わせて、多少内容の変更もあります。

先ずは目次を紹介します。

■第1章:家づくりを考える

□1  設計事務所って?建築家との家づくり

□2  家づくりをはじめるにあたって(資金、工事費、工期、誰とつくる・・・)

□3  敷地を見る!考える・・・

□4  山へ行って

□5  欲しい家はどんな家

□6  コストと性能

□7  2世帯住宅を考える

□8  本当のバリアフリーって?

□9  キッチン・収納の工夫

□10  家に求めるもの・求められるもの

□11  マツザワ設計の取り組みから・マツザワ設計仕様

順番に紹介して、第2章に進みたいと思います。とは言っても、教科書通りではなく思ったことを書いて参ります。では、次回!

| | コメント (0)