2008年2月29日 (金)

盛岡へ、小岩井へ

4月の17日、18日に盛岡の広葉樹の市場と小岩井農場(唐松の山主)の視察と、木の買出し?に行く事になりそうです。グリーンスマイルの細田さんに段取りをお願いしています。設計仲間と一緒に行きますが、場合によっては建て主さんの同行も可能かも知れません。でも木、金ですので、休むと会社を首になりそうですね。

盛岡の広葉樹の市場は大きな市場で、お金があって、置く場所があったら山盛り買い込みたいような木がいっぱいです。小岩井農場は100年近く前から唐松を育てていて、なかなか良い唐松が手に入ります。忙しい盛岡ツアーになりそうですが、もしかすると宝物をいっぱい発見出来るかも?

|

2007年12月16日 (日)

桜の大黒柱

14日夕方に見て来た、皮を剥きたての桜の柱が、16日(日)サッカー後に寄った時には「こんな姿」に。「戸田の家」のリビングに建って、大きな梁を支えます。ちょっと出っ張った枝の部分は、椅子?それとも花台?作業場では小さく、細く見えますが、実際の部屋ではかなり主張する柱になります。これから「もう一皮」剥けて、桜の大黒柱が登場します。

左が皮むき直後     右がほぼ加工済み状態

001 003

|

2006年1月30日 (月)

月曜日ですね・・・

_005 朝から岩槻の大忠材木店に行きました。南浦和の家の丸太の確認・打合せです。2階の居間の背梁とそれに掛かる梁を決めてきました。上の白っぽい松丸太を太鼓に挽いて背梁に。下の黒っぽい栗の丸太も太鼓に挽いて、そこに渡りあごで掛けます。どちらも太鼓に挽いた部分以外は、チョウナ仕上げのように殴り仕上げとします。デコボコにするわけです。そうする事によって木目が出て、ダイナミックな使い方ですが、表面の柔らかさが出ます。・・・?分りませんね。現物を見ないとね。

明日茨城に運ばれ県西プレカットで加工され、2月中旬?に上棟です。南浦和西口徒歩5分の水路遊歩道際に建ちます。

| | トラックバック (0)