2006年2月 8日 (水)

明日は天竜・・・

明日は県庁の木材利用推進室の方も一緒に、天竜の木材視察です。埼玉の木を考える委員会のメンバーと一緒です。朝、早起きしなければなりませんが、乗ってしまえば結構近いかな?でも、向こうに着いてからが遠い・・・。

天竜の榊原商店・・・以前行った事がありますが、前回は新月伐採の集まりにちょっと便乗。今回は地元杉の流通を造り上げた方々に会って参ります。80年生+葉枯らし+天然乾燥+しっかり管理された流通・・・そんな天竜の木を人を見てきます。

今日は地鎮祭も暖かな日差しの中終わり、現場でいろいろ打合せをして来ました。午後は内田産業さんの監督、積算の方と13時から、15時からとダブルヘッダーの打合せでした。

何だか?しばらく忙しい日が続きそうです。

| | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

落合さんの山の木を・・・

昨年、埼玉の木を考える委員会主催の伐採見学会で伐った、樹齢70~90年の杉の大木3本、今葉枯らし中です。使う方を決めて今年中に製材・加工して使いたいと思います。大きな丸太ですので、元玉はきれいな板が取れますので、家具にでも出来たらと考えています。その上も太いので、大黒柱とか、大きな梁に出来ます。端材も無駄なく板にして使います。通常の杉材が40年前後ですので、かなり年数の食った木で、また飯能の落合さんの山の木は、手入れが良く、節の少ないきれいな材が取れます。

昨年も紹介しましたが、この木を使って見たい方!居ませんか?なかなか手に入らない良材です。今年の秋にも伐採を予定していますが、伐り旬を守って、葉枯らしした木は貴重です。マツザワ設計HPのLINK先「埼玉の木を考える会」HPの秋の伐採のところで、その木を見る事が出来ます。原木の値段は大した事は有りません。製材して使っても、市場で買う事を考えたら安いものです。以前70年の杉1本8万円で立木を購入し、使用した建て主さんがいますが、製材して、大黒柱やキッチン家具の板材に利用しましたが、かなりのボリュームでした。最終的には材として25万円程度になりましたが、その倍を出しても手に入れられない物になっています。また山で選んで、伐採し、料理方法を決めて使う。これは最高に贅沢で、いつまでも記憶に残る良い思い出になります。2003年のWORKS公園眺望の家がその家です。富野工務店のHP(大バルコニーの家)の方が写真豊富かも?

これから工事が始まる家では、もう予定が入っていて使用出来そうもありませんので、使いそうな方を募集致します。当然、設計もマツザワ設計に依頼しなければなりませんが・・・。

| | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

伐採から・・・ただいま!

朝から寝坊して大慌てで、さいたま新都心の集合場所へ!8時半スタートで17時近くまで、伐採と2軒の住宅見学を行って来ました。東吾野駅そばの山で70~80年のサワラを3本伐採し、近くの原木市場を見学して、昼食後に越谷とさいたま市の住宅を見学しました。

| | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

22日の伐採見学・バスツアー

埼玉県産木材住宅促進センターの伐採見学と住宅見学バスツアーにキャンセルが出て、ちょっと空きがあるようです。詳しくはHPから辿って、聞いて頂くしか無いかも知れませんが、参加希望の方は内容をHP(センター)で確認して、ちょっと私に声を掛けて下さい。

22日土曜日8時半にさいたま新都心駅西のバスターミナル出発で、飯能市の山で伐採見学後、会員の施工した住宅を見て、夕方出発地に戻って解散です。会費は1人1000円です。弁当代ですね。埼玉県が一緒に進めてきたイベントです。

約束は出来ませんが、参加出来れば楽しい1日を過す事が出来ます。たぶん・・・

| | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

爽やかな良い天気!

ホント・・・昨日今日は良い天気です。気持ち良いですね!昨日の伐採下見の続きです。

丸ごと伐採した木で家を建てたら・・・いくら位掛かるのかな?気になりますよね。これからデータを取る予定です。木だけの話なら、本当に大した事は無いのですが、いろいろ掛かりますので、ちょっとまとめて、後日紹介致します。

12月頃、伐採して、葉枯らしして、来年建てたい人・・・居ませんか??今月声を掛けて頂けると、スムーズに進みそうです。

何も言われなくても、原則、県産材利用で設計しています。でも、伐採から入るのは特別です。見るだけでも感動ものですので、10月22日空いている方は問合せ下さい。西武秩父線東吾野駅10時集合で伐採見学会があります。バスで回る県産木材住宅促進センターのイベントも同日あります。これもまだ参加可能ではないかと思われます。西部・北部地区は空きがあるようです。

003

| | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

10月22日伐採の下見に行って来ました。

015 右端のちょっと切れて見えない木(白いテープつき)が8万円の木、右奥のちょっと太い木が4万円の木、人が立っている木の右のちょっと細い木が2万円の木?です。最初の太い木は80~90年生の杉です。良く手入れがされています。見ただけでは分りませんが、抱えきれないほど太い木です。間伐という形で切って使います。残った木はしばらく育てて、徐々に切って行きます。詳しくは聞きませんでしたが、同じころ植林している山のようでした。太い木も細い木も、年数は食っている木です。製材が楽しみです。

この木は『埼玉住まいの会』持分の木です。3本予約しました。その他にも木の家だいすきの会、木の家づくり座談会(ごめんなさい。正式名称未確認)でも2本、3本と予約し、当日8本伐採します。結構迫力のある伐採になります。

使いたい方居ませんか?木は立ち木の値段を示しましたが、それに伐採、搬出、製材、乾燥などを含め、約3倍の値段になりますが、いろいろ楽しんで、普段手に入らない良材で家具や大黒柱として使うことが出来ます。

また、丸ごと伐採した木で家を建てたい人も手を挙げて下さい。段取り致します。

詳細はご質問下さい。ここで公開で回答致します。

| | トラックバック (0)