2006年7月29日 (土)

藤棚の家 見学会1日目

「藤棚の家」見学会1日目、無事終了しました。

沢山の方々に来て頂きました。ありがとうございました。

明日も引き続き行ないます。皆様是非おいで下さい。

Rimg0017_5 Rimg0019_1

Kobayashi

|

2006年7月27日 (木)

藤棚の家 竣工

Rimg0024 Rimg0057 Rimg0066

Rimg0001

本日、竣工検査に行ってきました。外構も終わり、いよいよ引渡しを待つばかりです。

オープンハウス、是非おいで下さい。

Kobayashi

|

2006年7月25日 (火)

藤棚の家 もうすく完成

7/29(土)、30(日)見学会の藤棚の家がもうすぐ完成します。

足場もはずれ、外構工事が進んでいます。

Rimg0037Rimg0028_1Rimg0042

Rimg0067_2 Rimg0052_1

Rimg0055

Kobayashi

|

2006年7月 5日 (水)

藤棚の家

Photo_1 外壁仕上げが終わり、まもなく完成です。

足場もそろそろ外れます。

Photo_2 和室の壁

色漆喰のコテ塗り仕上げです。

施主のお父様が作られたわらを入れ、表情をつけています。

Photo_3 土間の三和土(たたき)の材料をつくっている様子。

砕石と土、消石灰、塩化カルシウムを混ぜ合わせます。

Photo_4 敷き詰めた砕石の上に三和土を仕上ていきます。

5cmほどの厚みがあります。

Kobayashi

|

2006年6月 2日 (金)

藤棚の家 キャットウォーク

Rimg0061 吹抜けにキャットウォークが取り付きました。

約270□のケヤキの丸太です。

Rimg0045_2 浴室や洗面所の腰壁に使用するサワラの板が搬入されました。水廻りの腰壁には、メンテナンスを考え、サワラや桧、杉などの板を張る様にしています。

Photo サワラ縁甲板 厚=15㎜

Kobayashi

|

2006年5月26日 (金)

藤棚の家

Rimg0007_1建具の鴨居をつくる棟梁

枠材は場所により使い分け、杉やタモ、桧を使います。

Rimg0009 ストック内壁杉板張り

Rimg0010_2 猫用出入口が取り付きました。

猫の首輪についたマグネットで、開閉します。

スタッフ  小林

|

2006年5月25日 (木)

藤棚の家 外壁

Rimg0013 外壁の左官を塗る前の下地工事です。

左官屋さんが防水紙の上にラス網を貼る作業をしています。

モルタルの食付きをよくするため、ラス網は2重に貼ります。

スタッフ  小林

|

2006年5月23日 (火)

藤棚の家 モルタル工事

Rimg0018_1 浴室下部のモルタルを現場で混ぜます。

Rimg0010_1浴室モルタル工事

Rimg0014 猫用出入り口の枠を作成する為、採寸を行なう棟梁。

スタッフ  小林

|

藤棚の家 造作材搬入

Rimg0004_1 本日、現場に家具や階段に使用する造作材が搬入されました。

写真に写っているのは階段に使う栗の厚板です。

Rimg0017 左は天然杉(2階ファミリーコーナーの机)

右はケヤキ(吹き抜け部キャットウォーク)

Rimg0006 2階の内装下地貼りもほぼ完了です。

スタッフ  小林

|

2006年5月19日 (金)

藤棚の家 外部の塗装

Rimg0030 木製建具の枠が取り付けられました。

和室の3枚引戸の鴨居です。

Rimg0038 外部塗装の様子。

オスモカラーの下塗りです。

表面のほこり、チリをきれいに払ってから塗ります。

Rimg0050 カーポートの梁を塗る様子。

オスモカラーのマホガニーというやや赤みのある塗装です。

                                                                    ENOKI

|