2007年4月23日 (月)

今成の家-竣工

今成の家が竣工しました。

大きなバルコニーが特徴の、木造3階建て2世帯住宅です。

ブログアップが遅れましたが、写真を掲載します。

和室02_1

玄関・ホール03_2 Rimg0006_5

浴室

01_2 外観

Kobayashi

|

2007年4月 4日 (水)

今成の家-まもなく竣工

Rimg0010_4 今成の家、まもなく竣工です。

来週には竣工検査を行い、再来週に引渡し予定です。

外壁はパワーボードでアイボリーと濃茶のツートーンで仕上ています。

Kobayashi

|

2007年3月 1日 (木)

今成の家-内装工事

Rimg0097 3/1(木) 内装工事が進んでいます。

階段の取り付けも完了しました。

2~3階の階段はケコミ板の無いすっきりとした納まりになっています。

                                                                                                                                                                                                                            

Rimg0110 浴槽の設置と下地工事

壁・天井には桧の板が張られます。

腰壁と床は、黒御影石の仕上げとなります。

Kobayashi

|

2007年2月 1日 (木)

今成の家-外壁下地、サッシ枠

Rimg0002 1/16 外断熱材施工状況。

この上に透湿防水紙を張り、通気の為の胴縁を取り付けます。

                                                                                                                                                                                                                                     

Rimg0013_3 1/16 3階サッシの取り付け。

光を取り込むための大きな台形FIX窓。

                                                                                                                                                                                      

Rimg0006_2 2/1 内部は天井下地が張られ、サッシ枠が取り付いている状況。

この写真は寝室のR天井です。

明日から外壁(パワーボード)の施工です。

Kobayashi

|

2006年12月28日 (木)

今成の家-中間検査

Rimg0014_1 本日は朝から、さいたま住宅検査センターの検査員による建物の中間検査でした。

柱、梁の寸法や位置、建物の配置、間取りの確認、構造金物のチェック

などが行なわれました。                                      

                                                   

Rimg0023 1階根太施工状況。

外周部の床下には、断熱材と調湿の為の炭が敷かれています。

                                  

                 

Rimg0045_3 2階バルコニーからの外観。

壁にはサーモプライ(構造用合板)が張られています。

今日は天気もよく、バルコニーに出るととても気持ちが良かったです。

         

Kobayashi

|

2006年12月19日 (火)

今成の家-筋交チェック等

Rimg0003_1 12月19日(火)

筋交のチェック、各職方との打合せを行ないました。

バルコニーの下地が施工されています。

今週末には防水工事が入ります。

Rimg0005_1 屋根瓦葺の様子。

縦桟不要の防水紙の上に横桟を流し、瓦を敷いていきます。

瓦の色は、濃い茶色のものを選びました。

Kobayashi

|

2006年12月12日 (火)

今成の家-構造金物チェック

軸組み完了後の構造金物チェックを行ないました。

今後、筋交が入り、その後屋根下地が組まれます。

T28 2階、3階床は、根太を用いず構造用合板で床剛性をとるネダレス工法です。

構造用合板(F☆☆☆☆)厚28mm

                                                                                                                                                                                                                                       

Photo_7

ホールダウン金物20kN/カネシン

筋交端部には筋交金物を取り付けます。

                                                                                                                           

3 3階部分。

一部床に構造用合板が張られています。

屋根は垂木が掛けられ、下地の構造用合板が張られています。

 

Kobayashi                                                                                                                                                                                                                                  

|

2006年12月 7日 (木)

今成の家-上棟

本日は今成の家の建て方・上棟式でした。天候にも恵まれ、無事上棟することが出来ました。

Rimg0075_3

大きなバルコニーのある3階建て2世帯住宅です。

Rimg0077

棟上完了。

朝7時からの作業で午後4時頃までかかりました。

Rimg0087_1 立派なのぼりが2体飾り付けられました。

Rimg0093_1 餅投げの様子。

近所の子供達も集まり、大盛況。

昔は良くやっていたそうですが、僕は初めての経験でした。

皆で上棟を祝う、という感覚がとてもよかったです。

Kobayashi

|

2006年11月20日 (月)

今成の家-配筋検査2

Rimg0106 第2回配筋検査を行いました。

アンカーボルトやホールダウン用アンカーボルトの位置を確認。

給排水管位置、床下換気扇位置・補強筋などの確認も行いました。

この後立上り部にコンクリートを打設します。

Rimg0093 アンカーボルトM12-土台の中心に入れます。

立上りコンクリートの巾は150mm。

Rimg0078 アンカーボルトM12-埋め込み長さの確認。

コンクリートに240mm以上埋込み、かつ土台上端から約40mm頭を出します。

Kobayashi

|

2006年11月13日 (月)

今成の家-配筋検査①

Rimg0012 耐圧盤の配筋検査を行ないました。

主筋、配力筋、HOOPなどの系、ピッチなどを確認しました。

鉄筋に十分なかぶり厚が取れているかなども、この時点で確認します。

耐圧盤打設後は、立上りコンクリートの型枠を組み、アンカーボルトを設置します。

Rimg0008 主筋、配力筋 D13-@200

Kobayashi

|

より以前の記事一覧